栃木の花・木・鳥|栃木の婚活パーティーならエクシオ

栃木の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

栃木の花・木・鳥

> 栃木の花・木・鳥

日本の各都道府県にはそれぞれ「都道府県の花」、「都道府県の木」、「都道府県の鳥」が定められています。
こちらでは栃木の花、木、鳥をご紹介します。

栃木の花

ヤシオツツジ

ヤシオツツジ

ヤシオツツジとは、ツツジ科ツツジ属のアカヤシオ・シロヤシオ・ムラサキヤシオというツツジの総称で、種はそれぞれ異なりますがどれも落葉性です。
別名「アカギツツジ」とも呼ばれるアカヤシオはアケボノツツジの変種で、福島県から兵庫県の山地に分布しています。葉は枝先に5枚輪生状をしていて、5月頃その葉が出る前に淡紅色の花を枝先に1個咲かせます。
シロヤシオは一般名「ゴヨウツツジ」のことです。葉はアカヤシオと同じく枝先に5個輪生状につき、5月から6月頃になると葉と同時に枝先に白色の花を1個または2個つけます。東北から近畿地方、四国の山地に分布。
ムラサキヤシオは別名を「ミヤマツツジ」とも言い、本州中部以北、北海道の山地に分布しています。葉は枝先にやや輪生状に互生してつき、花は5月から6月頃まだ葉の出ないうちに、枝先に2~6個の濃紅色のものを咲かせます。

栃木の木

トチノキ

トチノキ

トチノキ(栃・橡・栃の木、学名:Aesculus turbinata)は、トチノキ科トチノキ属の落葉広葉樹で、近縁種のセイヨウトチノキがフランス語名「マロニエ」として広く知られています。日本では東日本を中心に分布し、特に東北地方に多く見られます。
トチノキは大きいものでは樹高25m、直径1mを越えるような大木に成長します。長さ約50cmと非常に大きな葉は、長い葉柄の先に倒卵形の小葉5〜7枚を掌状につける掌状複葉で、枝先に集まってついています。昔からトチノキの種子からはデンプンを採り、材は家具や器具に用いられてきました。

栃木の鳥

オオルリ

オオルリ

オオルリ(大瑠璃、学名:Cyanoptila cyanomelana)は、スズメ目ヒタキ科オオルリ属の鳥で、日本へは夏鳥として渡来し繁殖すると冬季は東南アジアで越冬します。その名のとおり、成鳥のオスは背面を美しい紺瑠璃色で覆われていますがメスは淡褐色です。
高い木の上で朗らかにさえずる美しい声が特徴で、ウグイスとコマドリに並んで日本三鳴鳥のひとつに数えられています。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.