栃木の特産品|栃木の婚活パーティーならエクシオ

栃木の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

栃木の特産品

> 栃木の特産品

栃木の特産品をご紹介します。

農産物の大消費地である首都圏に位置する、地理的な優位性を生かした 首都圏農業が盛んな栃木県では、麻布用大麻、かんぴょう、いちごの生 産量でトップを誇ります。中でもかんぴょうは全国第2位の茨城県を大 きく引き離し、全国生産量の98%以上を栃木県が占めています。

かんぴょう

かんぴょう

全国生産量第1位のかんぴょうは、栃木県の代表的な特産品です。7~8月にかけて収穫される夕顔の実を紐状に剥き、真夏の太陽の下2日間にわたって干し上げた乾物食品で、カルシウム・カリウム・リン・鉄分等の栄養を多く含みます。その上、現代食生活に不足しがちな食物繊維も豊富なことから、便秘でお悩みの女性、妊婦、お年寄りにもおすすめの健康食品です。
また、漢字のかんぴょうの「干」の字が「一」と「十」で成り立っていることから、栃木県では1月10日を「かんぴょうの日」に制定しており、毎年1月の第四土曜日には「栃木のかんぴょう祭り」が開催されています。

いちご

豊富に降りそそぐ陽光ときれいな水、そして肥沃な大地という栃木の自然環境は、いちごの生育にとても適しています。さらに、内陸型の気候の大きな寒暖差によって鍛えられることで、甘くておいしいいちごへと成長するのです。
また首都圏から近いため、いち早く新鮮ないちごを大消費地に届けることができるというメリットもあります。
栃木のいちごは、長年にわたって収穫量日本一の座を保っていますが、これは生産者・農業団体・行政が一丸となって、栽培技術の進化と品種改良を重ねてきた努力の歴史があります。
栃木のいちごといえば「とちおとめ」が有名ですが、近年は福岡「あまおう」などのライバルが台頭しています。栃木では、それに対抗すべく6年という期間を費やし開発された「スカイベリー」の販売を、2012年より始めました。高級イチゴ市場のニューフェースとして注目が集まっています。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.